お知らせ

まん延防止等重点措置の実施(~5/11(火))に伴う対応について

本校生徒・保護者の皆様へ【4月20日更新】

 新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた本校の対応に、御理解と御協力をいただき御礼申し上げます。さて、この度「まん延防止等重点措置」の対象に埼玉県(さいたま市、川口市・4/20-5/11)の追加が決まりました。学校としては、県教育委員会通知「まん延防止等重点措置の実施に関する教育関係の対応について」及びガイドラインを踏まえて、感染防止対策を徹底しながら教育活動を実施してまいります。可能な限りの感染症対策を行い、感染症リスクの低減に取り組んでまいります。GWも控えておりますが、引き続き、御家庭の御協力をお願い申し上げます。

 1 学校運営の基本方針

 感染防止対策を徹底しながら、教育活動を実施します。

2 部活動について

 県の方針及び本校の活動方針に基づいて行います。該当期間中(~5月11日(火))、朝練習は行いません。また、部室使用は最小限とします。

3 感染予防対策について

(1)衛生管理の徹底

 ・「3つの密」(密閉・密集・密接)の回避

 ・適切な換気、保湿の実施

 ・アルコール消毒液の設置と校内施設の消毒

(2)健康管理の徹底(年度初めの時期ですので、特に御留意ください)

 ・登校前の検温と健康観察の徹底

 ・手洗い、マスク着用の徹底

 ・昼食は会話を控え、適切な距離を確保

 ・登下校時は、寄り道せず速やかに移動

 ・生徒同士の会食等の自粛

4 その他

・生徒及び御家族に新型コロナウイルス感染者又は濃厚接触者がいる場合や、PCR検査等を受検した場合は、学校まで必ず御連絡ください。

・発熱等の風邪症状がみられる場合や、御家族に体調不良者がいる場合は、登校をひかえてください。

・生徒の不安やストレスが懸念されます。心のケアに努めてまいりますが、御心配なことがありましたら、すみやかに担任まで御連絡ください。

・今後の連絡等について、引き続き、HP等で行いますので御確認をお願いいたします。

 →県教育委員会のページ

 新型コロナウイルス感染症への対応について

【在校生と保護者様へ】お知らせ

令和3年度からの新型コロナウイルス感染症に関する出席停止の基準について(4/5 16:00掲載)

本校では、今年度より下記の通り、新型コロナウイルス感染症に関する出席停止の基準を定めましたので、御案内申し上げます。なお、この基準は、令和3年度埼玉県公立高等学校入学者選抜における対応を参考にしております。

・発熱の症状がある(37.5度以上)
・息苦しさ(呼吸困難)がある
・強いだるさ(倦怠感)がある

B 

・味を感じない(味覚障害)
・臭いを感じない(臭覚障害)
・咳の症状が続いている
・咽頭痛が続いている
・下痢をしている(持病や食あたりなど新型コロナウィルス感染症以外の原因がが推測されるものを除く)
・過去2週間以内に、同居している者で医療機関を受診して新型コロナウィルス感染症の罹患が疑われ、かつ、その疑いが否定されていないまま症状が続いている者がいる。
・過去2週間以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等の在住者との濃厚接触がある。

・上記項目のうち、Aに1つ以上、又は、Bに2つ以上該当する場合

→保護者が学校に連絡し、医療機関を受診してください。その後、診断された内容を学校に連絡してください。

 新型コロナウイルス感染症関係の結果であれば、医師等公的機関の指示に従い「出席停止」扱いといたします。医療機関の診断書は必要ありません。保護者の方は「出席停止届」を提出してください。医療機関を受診した日も「出席停止」の扱いといたします。

 


 

中学生のみなさんへ
  
 
 
在校生及び保護者の皆様へ
<3月31日連絡>緊急事態宣言解除後の学校運営について
本校では引き続き、感染防止対策を徹底しながら、教育活動を実施します。 
なお、お子様の生活面について、保護者の皆様にご協力のお願いが3点あります。
1 規則正しい生活習慣の確立をお願いします。
2 手洗いの徹底と適切な換気・保湿、マスクの着用をお願いします。
3 不要不急の外出、生徒同士の会食の自粛をお願いします。
新着情報
向陽台だより

向陽台だより

5/6 進路を考える/やりがいの見つけ方

 進路指導部からもご案内があった通り、本日は、1,2年生の科目選択ガイダンス、3年生の進路ガイダンスがありました(教室でオンライン指導も導入しながら)。

オンライン 

 あす、「進路だよりvol.2」が発行されますが、4/19時点での向陽生の「卒業後の進路希望」状況、「休日の家庭学習時間」、「通塾しているか、進学補習の希望はあるか」等、興味深いデータを基に解説されています。ぜひ熟読してください。まだ人数は多いとは言えませんが、確実に「次の自分の人生ステージ」に向けてコツコツ努力している人がいます!

 さて、「やりがいの見つけ方」という記事を見つけましたので、エッセンスだけ紹介いたします(『東京新聞』2021.4.29)。

★自分自身が楽しいこと、好きなこと、したいことを10以上書き出し、優先順位をつける。

★チャレンジしないで後悔するより、まずチャレンジする。

★過去にこだわらない。過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる。

★人生の設計図と行程表(いつまでに何をやるか)をつくる。

 

 

4/23 離任式

14:30から離任式を行いました。

校長先生からの、離任される先生方の紹介に続いて(「ゆうひが丘の総理大臣」1978年放映のyoutube付き)、清水先生、坂本先生、北島先生、伊藤先生から離任のお言葉をいただきました。離任された先生方、向陽生のために長年ご尽力いただき、ありがとうございました。ご栄転先でも、埼玉の高校生のために、益々ご活躍ください。

・「こうなりたい」自分に向かって、進みたい目標に向かって、コツコツ粘って前向きに取り組もう。

・「生きている」ことはありがたいもの。ケガや病気をして改めてわかる。人間には回復する力がある。前に進める力がある。立ち上がる力がある。支えてくれる人たちがいる。応援してくれる人たちがいる。頑張ろう。

・向陽生には、持っているエネルギーの強さを感じさせてくれた。新たなチャレンジに精一杯取り組もう。1年生、不安も多いだろうが、真正面からぶつかっていけば応えてくれる先生が向陽高校にはいる。2年生、コロナ禍にあっても出来ることはある。3年生、1時間、1日を無駄にせず高校生活の残り1年を過ごそう。

・向陽生は、温かく優しい。もう一つ欲を言えば「たくましさ」を身につけよう。自分の考えをしっかり持って主張できる人間になろう。自分にとっても楽しく、人のためにもなることを。努力して皆で力を合わせてやり遂げることは、大きな財産になる。

伊藤t伊藤 花坂本坂本 花北島北島 花清水清水 花

4/22 防災避難訓練

火災発生想定の避難訓練を行いました。今回は新年度当初でもあり、「避難経路を確認する」ことを重点目標としました。

最も早く集合完了(点呼も完了)したクラスは「4分7秒」、最も時間のかかったクラスは「11分20秒」でした。

校長先生から、「自分の命を守ることを想像して」、「いざという時の判断力が重要」、「10分以上かかってしまったことは課題。次回はぜひ半分の時間で集合できるようにしよう」などの話がありました。

環境美化部からは、「実際には防火シャッターが閉まることになる。将棋倒しが起こりやすくなる。日々の生活の中で、いざという時の対応を考える習慣を」との話がありました。

今回は「指示に従って迅速に行動する」訓練ではありましたが、東日本大震災の津波での教訓は「津波起きたら命てんでんこだ」(=津波が起きたら家族が一緒にいなくても気にせず、てんでばらばらに高所に逃げ、まずは自分の命を守れ)。

「いざという時に自分の適切な判断で行動する」ことが求められます。「先生から言われたから行動する(言われなければ行動しない)」から卒業するためには、日々の生活での意識した生活が必要です。

避難訓練

4/20 授業風景の1コマ

4/19(月)の授業風景の1コマ(授業が終了する間際)。好天に恵まれた中、美術の受講生徒は学校敷地内で写生画に取り組んでいました。ハナミズキもきれいに咲いています。体育の授業では、授業開始前から準備体操が始まり、生徒の皆さんが規律良く、熱心に取り組んでいます。

4/17 PTA後援会・新旧役員会を開催いたしました

9:00からの本部役員会の後、10:00より新旧役員会を開催いたしました。あいにくの小雨交じりの曇り空の中、御来校いただいた皆様方、ありがとうございました。

役員会では、以下の内容が承認されました。

5/22(土)PTA後援会総会に提案されます。

・令和2年度事業報告、決算報告

・監査報告

・新役員案、新理事案

・令和3年度事業計画案、予算案

本校のPTA・後援会役員の中には、親子にわたって本校に在籍の方、秩父方面からお越しいただいている方、小中高とPTA役員をされている方、、、「向陽高校愛」いっぱいの皆さんがいらっしゃいます。

 同じ日、グラウンドでは部活動も行われていました。明るく元気で活発な生徒さんたちを教員・保護者・地域の皆様で支えています。

P後部活