向陽台だより

4/23 離任式

14:30から離任式を行いました。

校長先生からの、離任される先生方の紹介に続いて(「ゆうひが丘の総理大臣」1978年放映のyoutube付き)、清水先生、坂本先生、北島先生、伊藤先生から離任のお言葉をいただきました。離任された先生方、向陽生のために長年ご尽力いただき、ありがとうございました。ご栄転先でも、埼玉の高校生のために、益々ご活躍ください。

・「こうなりたい」自分に向かって、進みたい目標に向かって、コツコツ粘って前向きに取り組もう。

・「生きている」ことはありがたいもの。ケガや病気をして改めてわかる。人間には回復する力がある。前に進める力がある。立ち上がる力がある。支えてくれる人たちがいる。応援してくれる人たちがいる。頑張ろう。

・向陽生には、持っているエネルギーの強さを感じさせてくれた。新たなチャレンジに精一杯取り組もう。1年生、不安も多いだろうが、真正面からぶつかっていけば応えてくれる先生が向陽高校にはいる。2年生、コロナ禍にあっても出来ることはある。3年生、1時間、1日を無駄にせず高校生活の残り1年を過ごそう。

・向陽生は、温かく優しい。もう一つ欲を言えば「たくましさ」を身につけよう。自分の考えをしっかり持って主張できる人間になろう。自分にとっても楽しく、人のためにもなることを。努力して皆で力を合わせてやり遂げることは、大きな財産になる。

伊藤t伊藤 花坂本坂本 花北島北島 花清水清水 花