シングルス 5/12 選手振り帰り

こんにちは。残念ながら、シングルスでは良い結果を残すことができませんでした。

ですが、選手が何を感じ、何を得るかが最も大切なことであります。高校バドミントンはこれで終わりになりますが、今後に必ず役になってくれると思っております。

 

今回は四隅を狙って打つこと、クリアを奥まで打つこと、たくさん動くことを意識して試合をしました。1試合目は不戦勝でした。2試合目の1ゲーム目はサーブの直後のドロップに対応できなかったり、ラウンドのクリアに反応するのがワンテンポ遅れてしまったり、初歩的なミスをして失点してしまいました。でも、レシーブを左右に動かしたり低く返したりすることができ、点を取ることができました。2ゲーム目は、足が動いていたので、クリアを四隅に持っていけたり、ドロップになんとか食らいつけるようになっていました。しかし、前に甘いシャトルが上がってしまった時に相手が飛び込んできて、プッシュを打たれてしまったり、コースを狙われてしまった時に横スタンスにきりかえられなかったりして、レシーブの弱さを改めて感じました。
 初めて公式戦のシングルスに出場してすごく緊張したけど、挑戦するプレーができたし、最後まで諦めずに楽しみながら戦うことができたので良かったです。良い経験をさせていただいて、幸せだなと思いました。
O.M

今回は前への反応を早くすること、連続でミスをしないことを意識しました。1試合目と2試合目はクリアがあまり飛ばなくて、自分が前に出て、攻撃する形があまり作れませんでしたが、相手のラウンド側にドリブンのクリアを打って短くきたものをプッシュで打つことが何度かできてよかったです。でも、相手がスマッシュよりもドロップとクリアを多く使ってきて、前後に振られて前が全然とれず、取れてもロブが上手く上がらず、自分の攻撃の形にできなかったのが反省です。3試合目の出だしは自分のミスが少なく、相手のサイドアウトなどもちゃんと冷静にジャッジできて流れが作れてよかったです。でも、途中から前が苦手なことを相手がわかって、ヘアピンとドロップを多く打たれ、対応できませんでした。また、自分のサーブが浅く、すぐにスマッシュを打たれてレシーブをドライブで返したりロングリターンできず、相手が前に出てきてしまって、守りに入ってしまったのが悔しかったです。攻撃の形がもう少しあればさらに点数を取れてファイナルまで行けたと思いました。前回の団体戦でもシングルに出させてもらって、相手が強いと攻められてばっかりで、サイドアウトや自分で簡単なミスをしてしまうことがあったけど、今回は立て直して連続失点が少なかったので良かったです。
U.M


今回の試合は、相手のラウンド側のクリアを深く飛ばす事とヘアピンなど前で攻めることを意識して試合に臨みました。クリアをラウンド側に打つことが出来たし、自分もラウンド側に来たクリアを返すことが出来ました。前でのヘアピンもあまりネットせず打つことが出来ましたが、相手がサーブを前の2点にクロスで打つことが多く、自分もポジションが後ろ過ぎて、取るのが遅く甘くなって、打たれることがありました。自分も攻めようとスマッシュやドロップでクロスを狙おうとした時、スマッシュは浮いて何度も取られたり、ドロップも真ん中寄りで取られることがありました。相手を振るためにも、もう少し的確に4点に打てていたら攻めやすくなっていたのかなと思いました。点数が競っていても焦ることなく試合が出来たので良かったです。
K.R

今回は相手をいっぱい動かして、ラリーを続けて最後に決めることを目標としてました。1ゲーム目は自分がサーブを打ったら1本目でスマッシュを打たれて終わってしまうことが多かったです。それになかなか慣れることができず終わってしまいました。2ゲーム目はショートサーブを打ったり、プレーの中で考えて、相手を1ゲーム目より動かせたと思います。際どいところを狙ってサイドアウトにしたりスマッシュを低く、相手のいないところに返そうと思ったら、アウトにしたりすることがありました。もう少し丁寧にすべきでした。
自分と同じくらいの実力でプレースタイルも少し似ている選手と戦い、最後は自分のミスなどで終わってしまって悔しかったです。でも、攻めるプレーができたので良かったです。
Y.Y

 今回は前の意識と左右に相手を振るように心がけました。1試合目はダブルスとは違う1人での戦いでとても緊張しました。1ゲーム目は頭がいっぱいになってしまい、ただ淡々とコートに返すことしか出来ませんでした。2ゲーム目からは相手を少しずつ見れるようになって、コースをつけたので良かったです。2試合目では緊張もなくなり、これまでの成果を出すことが出来たと思います。クリアも左右に振ることができて良かったと思います。3試合目の和光国際との試合では、本当にレベルの差を感じました。何をしても返され、諦める時もありました。でも、すごく強い相手だったからこそ、1点を取った時の喜びや達成感があり、楽しかったです。シングルは以前、出たことがありましたが、その時はただ緊張して終わってしまったのですが、今回はコートの中で少しでも考えて行動に移し、勝てることが出来たのが自分の成長だと感じます。まだまだ実力では埋まらないことばかりでしたが、3年間の気持ちは全て智光山の体育館に置いてきたと思います。この力を糧に他のことにもどんどん挑戦できるようになりたいです。
N.M

今回の試合は相手を動かし、チャンスのところで決めることを意識して試合に望みました。1試合目は昨日とは違い、緊張し過ぎることなく、自分のリズムで試合をすることができました。相手を左右に振り、甘く浮いたシャトルを叩いて、決めることができよかったと思います。2試合目は相手のサーブがとても上手く、迷ってしまうことが多くありました。ラインのギリギリを狙いすぎて、アウトをしてしまうことがあったけど、相手の動きを読み、何回か打ち返すことができたので良かったです。ゆっくりな展開で、相手に合わせてしまったと思いました。先生に指摘されたように、早いラリーにしていたら結果が変わってたかもしれないと思いました。シングルは苦手だけど、前よりかは上手くなって戦えるようになり成長したと感じました。負けてしまったけど最後まで諦めずに戦えて良かったです。
S.Y

今回の大会では、ラウンド側の奥を狙うことを意識して戦いました。1試合目では、クリアを飛ばし、前に甘く上がってきたシャトルをプッシュやスマッシュで決めることが出来ました。前後に動かされても諦めず取りに行くことが出来ました。2試合目の1ゲーム目では、攻めるということを意識しすぎて焦ってしまい、自分の思い通りにプレーをすることが出来ませんでした。2ゲーム目では、落ち着いて1試合目のようにクリアを多く飛ばし相手に点を離されないように努力しました。相手のサーブミスを何度かジャッジすることが出来ました。相手が14点になった時、いつもなら諦めてしまっていたけど今回は諦めずにその後も点をとる事ができたので良かったです。
シングルスはとても緊張して、自分の思い通りにならないことが多くあったけど、最後のゲームはいつも通りにプレーをすることが出来て良かったです。少し悔いは残ってしまったけど、最後まで諦めないで楽しくできたのでよかったです。
T.M

1試合目はコートに入った瞬間、緊張が走りました。クリアが後ろに飛ばず、サーブもアウトばかりで、なかなか試合に入り込むことが出来ませんでした。でも、1ゲーム目の後半から落ち着いて、相手のどこにシャトルが行けば、自分が有利に試合ができるか頭で整理し、少しずつ楽にプレーできるようになりました。もっと早く対応し、シャトルへの速いタッチが必要だと思いました。2試合目は、今大会ダブルスで上位だった相手で気持ちが下がった部分もあったけど、自分の中でクリアを奥まで飛ばし、相手になるべく楽に打たせないという目標を立て、そこは達成出来たので良かったです。サーブの仕方やレシーブの時のスタンス、前に出るタイミング、スマッシュの速さなど足りないところばかりだったけど精一杯自分の出来ることが試合の中でできたのでとても良い経験になりました。悔いが無い試合ではなかったけど、強い相手にしっかりと自分の攻撃で点数を取ることができたので良かったです。
S.Y